木と本のコロナ対策



コロナに対する木と本の3つの姿勢


  • 感染防止に最大限努めること。
  • お店のファンのため、諦めずお店の「あり方」に工夫を凝らし続けること
  • 従業員の生活を守るため自粛要請がない限り営業を続けること





木と本が実施している10の感染対策



AI搭載型「検温+アルコール」ディスペンサー設置

  • 当店は、先会計なので、ご入店時に入り口にて「検温」と「手のアルコール除菌」のご協力のお声がけを徹底しています。
  • 熱がある場合や体調不良の方のご入店はご遠慮いただくようお声がけしています。
  • アルコールは75%を使用しています。

入店時の消毒

検温機



各テーブルや店内各所にアルコール常設

  • ほぼ全席に置いております。
  • 75%のアルコールを使用しています。

マスク着用POP・各席アルコール

L2アルコール液



木と本は、コロナ対策認定店!

  • 当店は『佐賀支え愛"感染対策認証店』です。

感染症対策認証店POP



常時、換気!(隙間風が寒くても!!)

  • 当店では、常時、小さく窓を開けるようにしています。
  • 寒い日など申し訳なく思いますが、これも皆様を守るためと考え、徹底しています。

常時換気

常時換気(L2)



1時間に1回、全館換気!(寒くても!!)

  • 1時間に1回、換気を徹底しています。
  • 換気すると、店内が冬場などは一瞬で寒くなります!夏は一瞬で暑くなります!・・・店内のお客さまにはすごく申し訳ないです。しかし、これもお客様のためにも重要と考え実施しています。

1時間に1回の換気



マスク着用のお願いポップと声かけ

  • 各席に「マスク着用にご協力ください」のポップを置いています。
  • 周囲の迷惑なるような行為のお客様がいる場合、直接お声がけしています。

その他(入店時のお願い)

その他(お手洗い張り紙)



レジ等接客場所でのパーテーション設置

  • これはもはや今どき当然と言えるでしょう!当店でもきちんと実施中!

接客場所パーテーション



各テーブルのこまめな消毒の徹底

  • お客さまが帰られる度に実施!
  • およそ1時間に1回は実施!

座席の消毒



各お席間のパーテーション設置

  • これはもはや今どき当然と言えるでしょう!当店でもきちんと実施中!

各席間のパーテーション



席数を減らし、パーソナルスペースを確保する工夫

  • 全体的に席を3割程度減らし、隣との距離を大きく取るようにしました。
  • 席数が減るのは、お店にとって利益減。でもいいんです、利益よりも利用者さまの安全安心を優先する時代ですから。

画像の説明

画像の説明





2階奥 ヘッドスパルームで実施している上記プラス7つの感染対策




事前の体調確認(同意書)

  • 同意書にて、体調不良がないかなど施術前にしっかり確認をさせていただいております。
  • 発熱や咳などの症状がある方のご来店ご利用はご遠慮いただいております。

同意書の署名



お客様退室ごとに換気

  • お客様が入れ替わる前には、必ず一定時間の換気を行なっております。
  • ヘッドスパルームは入り口が1ヶ所のように見えますが、奥には従業員室があり、そこに店外とつながる窓がありますので、両方の戸窓を開けることで換気がしっかり行えます。

お客様退室後の換気



常時換気(小さく開ける)

  • ヘッドスパ施術中も、入り口ドアと奥のドアは小さく開けており、ヘッドスパルームを密室にしないようにしています。

通常換気2

通常換気1



店内のアルコール消毒

  • お客様退室のたびに、店内全ての備品類をアルコール消毒しています。

お客様退室後の消毒



ヘッドスパ中のマスク着用のお願い

  • ヘッドスパ施術中もマスク着用をお願いしています。
  • ご希望の方にはマスクの替えもご用意しています。

配布用マスク



空気清浄機の設置

  • ウイルスにも有効という空気清浄機を設置しています。

空気清浄機



店内アルコールの設置

  • クルーもお客さまも、こまめなアルコール消毒を実施しています。
  • アルコール75%を使用しています。

テーブルのアルコール




その他、社内チームワークなど

  • 「社内の集まり」をもう2年やっていない…寂しいけど仕方ない(涙)
  • スタッフの出勤前検温、マスク着用の徹底!

スタッフの健康管理チェック表





全ては、お客さまと従業員たちの安心と安全のために。


コロナ対策を始めてすでに数年。おかげさまで感染者等出すことなくここまでこれました。これも皆様のご協力あってこそと感謝申し上げます。これからも、状況に応じて感染対策の試行錯誤をし、関係者皆様に安心してご利用いただけるお店づくりに努めてまいります。

今後も変わらぬご理解ご協力の程、どうぞよろしくお願い申しあげます。

クルー一同